Advertisements

抗がん剤治療(術後補助化学療法) ゼロックス療法 1クール 1日目 エルプラット投薬開始 ピリピリする感覚を知りました。

抗がん剤治療(ゼロックス療法) 1クール 1日目(2019/3/7)
今日からオキサリプラチン(エルプラット)の併用開始。
投薬して早速末梢神経症状が現れました。
なるほどこれは確かにピリピリする感覚だ。。。

前回はこちら:抗がん剤治療(術後補助化学療法)0クール 16〜21日目





Advertisements

ゼロックス療法1クール!オキサリプラチン(エルプラット)開始

まずは診察 0クールの状況報告とゼロックス療法の開始

病院に到着すると血液検査をしました。
人が多いこともあり、血液検査から2時間ほど待って診察になりました。
結果としては特に問題がなく、ゼローダー飲んで結果も大きな副作用は出なかったので、
予定通り、オキサリプラチン(エルプラット)を追加投薬し、ゼロックス療法を開始することになりました

ちなみに0クールの副作用かもとして以下の点を伝えました。
・2週目の最後に少々吐き気が少々出てきた
・2日前より右手の皮が少しだけ剥けた。今は治っている。

オキサリプラチン(エルプラチン)投薬開始 白金(プラチナ)!なんかカッコイイ。。。

点滴を入れてからがん治療センターに向かいます。

治療センターでは体重、体温、血圧を測り、投入薬の準備が整うまで少々待ちました。
その間にお昼ご飯のお弁当を病院内の売店で購入。
準備が出来たいうことで、呼ばれると専用のリクライニングシートに座り、点滴の準備や薬の説明を受けました。

いよいよ始まるんだなと緊張してきました。

まずは吐き気止め(イメンド)のカプセルを飲みます。写真のいろはすは常温で病院から提供してもらいました。

売店で買った玄米健康弁当にしました。

なお点滴は利き腕でない左手につけています。
点滴中も食べる動作程度であれば動かしても問題ないのですが、やはり心理面で気になるのであまり動かさなくて良いおにぎりを買ってきて正解でした!

ブドウ糖注射液と書かれていますが、中身はエルプラット(オキサリプラチン)です。

ちなみにオキサリプラチンは白金製剤に分類される抗がん剤です。
私は白金(プラチナ)!なんかカッコイイ!と勝手に思って少しモチベーションを上げるようにしています(笑)
(もちろんそれだけではなく、副作用とか知っています。ただ完全拒否してモチベーション下げるよりはいいのかなと思っています。)

副作用。。。

副作用は予想通り出てきました。いわゆる末梢神経症状です。
他の方の記録を確認してピリピリが出てくるとは知っていましたが、いまいち「冷たいものを触るとピリピリする感覚」がどういうものか分からなかったのです。
しかしなってみれば、あっこれは「ピリピリするな」と分かりました。。。
なんというか「正座した足の下に手を入れてしばらく同じ態勢でいて、しばらくして手を出すと、手も足も痺れてる」
そんな感じのような痺れでした。※ちょっと語彙力が足りず言いたいことが違うかも。。。

その時の状況をつぶやきは以下の通り(twitterより)

他には
・雨の影響で、雨の水滴や傘を開くところの金属部分
・冷たい風
でもピリピリするという感じを味わいました。

ゼローダ(カペシタビン)も再開

夕食後はゼローダも再開します。
また3日間ほどはエルプラットの吐き気止め等も併用して飲みます。

さて1クール始まりました。
副作用の影響がどうなっていくのか分かりませんが、継続してきたいと思います。
運動もできる限り続けていきたいです。

続きはこちら
http://tetsuhike.com/physical-health/chemotherapy13

コメント